ケーキ・眼鏡・レレ・TB前日

 海抜マイナス30キロメートル。試合終了のサイレンが岩壁に反響する。遥か上方で地上に開く穴からはもはや蛍ほどの光も届かない。
 負けたチームの削岩機のエンジンがかけられた。今の選手たちが生まれるよりずっと前の時代にはグラウンドの土を手でかき集めていたらしい。しかし今やグラウンドはむき出しの花こう岩。半ば儀式化された執念に近い伝統によって今や選手たちはそれを削って持ち帰るようになっていた。
 常時稼働している冷却設備が地熱から観客や選手の命を守る。奇妙なことに、地上で試合が行われていたころより快適な環境が保たれるようになったことが記録から知られるが、当時を知る者はいない。
 石粒を集め終えた敗者たちと応援者が昇降機に乗り込んでいく。球場は竪坑を下り続け、帰路は年々少しずつ長くなっていく。
 阪神甲子園球場。十干十二支のひとつ「甲子」の完成以来、球場は姿を変えながら何度の甲子を経てきたのだろう。



 8月18日土曜日、晴れ。
 
 ケーキを3個食べる。

 ガルパはログボ貰いの民として生きているが、GO!GO!MANIACが追加されていて懐かしさに耐えられず一曲叩いた。ちょうど一年ほど前にも一時期遊んでいた。サービス開始直後にしっかり始めていたら普通に熱中していたと思うので何かもったいないような気分をずっと抱えてはいる。



 8月19日日曜日、晴れ。やや涼しい。

 ミケから1週間が経った。早い。

 眼鏡を作りに行く。買いに行く。
 今は予備のものをかけている。たしかパシフィックリム・アップライジングを見る前夜あたり、うたた寝をしていたら前の眼鏡のねじを部屋の中でなくしてしまったのだった。何分小さいのでいくら探しても見つからなかった。「いくら探しても」というのは嘘でベッド横の本と漫画の山やベッド下の段ボール箱の間をかき分ける気にはならなかった。「前の眼鏡」と言ったが店の人に聞くとねじは新たに止めてくれるらしい。それはそうか。

 本屋で『バーナード嬢曰く。』第4巻と『眠れない一族』を買う。後者は火曜日の高速バス車内に備えて。10年ほど前の本、とりわけ遺伝学に関わる内容のものをハードカバーで買うのはやや緊張感がある。
 「ド嬢」は連載外の特別寄稿が多いのか今巻の構成はやや変わっていた。『渚にて』の回で冬の海辺の砂浜を歩きながら海に関する書名を交互にあげていく図が強すぎる。

 デレステでレイジーレイジー新曲「クレイジークレイジー」イベント開始。しきフレと櫻井桃華……jewelries03……。
 
 TheaterBoost「超ビーチバレー」の予告のミリシタ生配信。


 さすがに企画の始まりから長いからか盛り上げ方が今までと違って楽しい。投票時にはこの人選の意義があまりよく分かっていなかったなと今にして思う。うみめぐレシーブ……こんな直球カップリン人選があって良いのか……(良い)。
 何とは言わないけれどニコ生のおまけ、あまりにも百合コミックコメディ的なやりとりで上田麗奈さんのことが気の毒になりながらも普通に喜んでしまった。