一過・手紙

 8月9日木曜日、雨のち晴れ。

 一夜明ける。台風は結局それたらしい。

 進捗報告ミーチングで無を晒す。

 Labでは牛乳を使わずにアイスコーヒーをそのまま飲んでいるが、「原液」を飲んでいる感が強い。かといって水で薄めるのにも抵抗があり、カフェをオレするしかない。

 ガロアの「シュヴァリエへの手紙」全文を図書館で見た。「読んだ」とは言わない。何せ後半の関心の焦点が今の自分にはわからない。しかし奇素数pに対してPSL(2,p)がp次の対称群への非自明な埋め込みを持つのはp=5,7,11に限られる、という命題に関連した問題への関心は分かる。というかそれが目的で読んだ。分かったうえで読むと「時間がない」が一層胸を打つ。
 あまり歴史にこだわるのも仕方のないことだと思っていたけれど「シュヴァリエへの手紙」はエモが強烈すぎる……。自分が関心を持つ問題の正当性よりむしろ重要性を伝えてくれと頼んでいるのもまた良い。ミームは少なからず自分にも流れてきた。

 久々にサバ缶パスタを食べた。最近は面倒で乾麺を食べる機会が減っている。

 早々と寝た。