先ぶれ・ライパ

 8月7日火曜日、曇りのち雨。台風が近づいている。

 最終日。LIVE Paradeつらいつらいと言いながら叩く。最低限の曲数で報酬を得ようとしているときに「目標」を達成できないとごそっと獲得ポイントが減るのがつらい。LIVE Grooveをそこそこ熱心にやっていたときは比較して多少なりとも「ゲーム要素」と言えるこれを楽しんでいた気もする。

 多少は午前中に家を出る気が合った。無理だった。コロッケパンを昼食にとってから出る。

 単調作業時間にだれ?らじとやっぱりSが~を聞いた。

 20時前には帰着。本降りになっている。

 うたた寝ライフゲームのある特殊なパターンをめぐる争い。人々の後頭部には「六面体」と呼ばれる「バナナを太くしたような形」の器官があり、言語能力を司っている。敵兵に「慈悲を与える」ためには鎌状の武器でそこを潰さなくてはならない。調理された鶏の骨を割ったときに出てくる赤黒い中身、整然とした構造を壊すときのあの感覚。
 ひどく嫌な「手を汚した」感の残る夢だった。下手に夢の内容を書き留めるべきか?