こぼれたコーラ

 「ジュラシック・ワールド」を見ながら飲もうとしていたコーラをこぼした。机の上。背の高いコップ。

 このPCにはキーボードの上にしかかからなかったのが幸いで、ちゃんとふき取ったのでベタベタも残らない。

 立ててあった数学の本は下端が犠牲になった。

 ひどいのは結城晴と乙倉悠貴のミニクリアフォルダ(去年の春にセブンイレブンでグミを買うともらえた特典。グミはまだ残っている)に入れていたミリオンライブ!の歌詞カードで、SSAに携えていった時も慎重に扱っていたのにこんなことで汚してしまった。乾きかけた今開くとペリッとする。文字を読むには支障がないという問題ではないとかなんとか今更説くことでもない。

 こぼれた液体はあらゆる最悪の結果を招きうるため「不幸中の幸い」なんてものは探せばいくらでも見つかり、PCにかからなかったことは既にそれに数えられ、そこにもうひとつ図書館から借りてきた本にかからなかったことが加えられる。

 結局得た教訓は、不安定なコップはもはや机上に立てるべきではないということであって、こぼれたときに紙類にかからないだけのマージンをとれる領域はこの部屋には用意できないため、再発防止策としては冷たい飲料の容器に透明感を求めてしまう非合理性を捨てるに留まり、今後はマグカップを机の上に置いてコーラを飲むことになる。水にぬれるだけで不可逆的に変性する材質に囲まれて生活する狂気を見つめ直すことは諦めている。

 という出来事を経てアカウント取得時から用意されていたこのブログを使おうと思った。こう、つまらない失敗をして無駄に疲れるというイベントは章の変わり目にもってくるには最適だと思う。