ビババ・メロスロ・テーブル

 8月20日、晴れ。

 15時からミリシタ新イベント。ついに……超ビーチバレーの季節がやってきた……。

 f:id:shironetsu:20180820224100p:plain:w500

 ビッグバンズバリボー!!!!! ZAQからは永遠に逃げられない……この曲好き……。敵役風花さんが思い切り低い声で歌っているのがまた良い。
 今思うともっと頭の悪いスポーツもののパロディみたいなのを想像していたので直球で熱いドラマとこんな曲が来たのは少し意外ではあった。

 「新入生」高坂海美…………
f:id:shironetsu:20180820224039p:plain:w500
f:id:shironetsu:20180820224011p:plain:w500
 ラブだ…………
 この直前の「星屑の軌道が……」からの長回しのカメラワークも好き。
f:id:shironetsu:20180820223952p:plain:w500
 ところでここの歌詞、

 「まけちゃだめ!がんばって!」
 月並みな言葉が
 太陽に…私たちの太陽になるの!

 ほんのり月と太陽がかけられている。

 相変わらずのうみみ的特殊あだ名もちゃんと聞けてうれしい。
f:id:shironetsu:20180820223925p:plain:w500
f:id:shironetsu:20180820223905p:plain:w500
 ただ全話見終えたけれどキャラクターの関係の掘り下げはやや弱かったかも。高坂海美さんの姉の話などは聞けたけど。
 それについても高坂さんが役になりきることができるのは本当に自分の経験を重ねたからかといった論点もあり解釈をもっとシャキッとさせるべきだと感じるところであった(メタ的に見て若干「過去」の安売りではないかという気がせんでもない……)。

 話が変わってこの台詞。
 f:id:shironetsu:20180820223840p:plain:w500
 ロコ語が何の英単語に対応するか分からないと一瞬ヒヤッとする。「悪役」だというのは察せられるが……。
 調べてみると

プロレスにおけるヒール(Heel)とは、プロレス興行のギミック上、悪役として振舞うプロレスラーのこと。
ヒール (プロレス) - Wikipedia

 とのことであった。ロコのりか???
 ともかくこういう専門性の強いカタカナ語をロコが使うというのは意外であった。コミケで買った「ロコ語辞典」で勉強しないと……。

f:id:shironetsu:20180820232409p:plain:w500
 これは「はじける汗!アイドルビーチバレー大会」の思い出話をしようとしたPが今の七尾百合子には当時の記憶がないことに思い至って声をかけられなくなってしまった背中。

 しかしこのイベントどうしよう。高坂海美上位で走らなくてどうするとランキングを睨む。

 シャニマスも更新。
f:id:shironetsu:20180820232338p:plain:w500
 三峰結華「メロウビート・スロウダウン」
 カードに名前を冠せられた当人が端に映っている意外性もさることながら絵のドラマ性があまりに気になりなんとか獲得。
 明日明後日にでも見よう。

 PSLnotes.
 PSL(2,p)に含まれる上三角行列/Zたちが指数(p+1)の部分群(さらにそのうち対角が1,1のものは正規部分群になってこれの剰余群は巡回群)。射影直線への作用でいうと∞の固定部分群に当たる。
 QR分解のような、相補的な集合による分解でもっとも適切なものは何かという問題が現れてくる。安直には直交行列がよさそうだが…?
 眺めるためにGAPに吐かせた指標表などを貼り付けておく。

PSL(2,5)
[ 1, 15, 12, 12, 20 ]
[ 1, 2, 5, 5, 3 ]
       1a 2a 5a 5b 3a
    2P 1a 1a 5b 5a 3a
    3P 1a 2a 5b 5a 1a
    5P 1a 2a 1a 1a 3a

X.1     1  1  1  1  1
X.2     3 -1  A *A  .
X.3     3 -1 *A  A  .
X.4     4  . -1 -1  1
X.5     5  1  .  . -1

A = -E(5)-E(5)^4
  = (1-Sqrt(5))/2 = -b5


PSL(2,7)
[ 1, 56, 24, 24, 21, 42 ]
[ 1, 3, 7, 7, 2, 4 ]

       1a 3a 7a 7b 2a 4a
    2P 1a 3a 7a 7b 1a 2a
    3P 1a 1a 7b 7a 2a 4a
    5P 1a 3a 7b 7a 2a 4a
    7P 1a 3a 1a 1a 2a 4a

X.1     1  1  1  1  1  1
X.2     3  .  A /A -1  1
X.3     3  . /A  A -1  1
X.4     6  . -1 -1  2  .
X.5     7  1  .  . -1 -1
X.6     8 -1  1  1  .  .

A = E(7)^3+E(7)^5+E(7)^6
  = (-1-Sqrt(-7))/2 = -1-b7


PSL(2,11)
[ 1, 60, 60, 55, 110, 110, 132, 132 ]
[ 1, 11, 11, 2, 3, 6, 5, 5 ]

       1a 11a 11b 2a 3a 6a 5a 5b
    2P 1a 11b 11a 1a 3a 3a 5b 5a
    3P 1a 11a 11b 2a 1a 2a 5b 5a
    5P 1a 11a 11b 2a 3a 6a 1a 1a
    7P 1a 11b 11a 2a 3a 6a 5b 5a
   11P 1a  1a  1a 2a 3a 6a 5a 5b

X.1     1   1   1  1  1  1  1  1
X.2     5   A  /A  1 -1  1  .  .
X.3     5  /A   A  1 -1  1  .  .
X.4    10  -1  -1 -2  1  1  .  .
X.5    10  -1  -1  2  1 -1  .  .
X.6    11   .   . -1 -1 -1  1  1
X.7    12   1   1  .  .  .  B *B
X.8    12   1   1  .  .  . *B  B

A = E(11)+E(11)^3+E(11)^4+E(11)^5+E(11)^9
  = (-1+Sqrt(-11))/2 = b11
B = E(5)^2+E(5)^3
  = (-1-Sqrt(5))/2 = -1-b5


PSL(2,13)
[ 1, 84, 84, 156, 156, 156, 182, 182, 91 ]
[ 1, 13, 13, 7, 7, 7, 6, 3, 2 ]

       1a 13a 13b 7a 7b 7c 6a 3a 2a
    2P 1a 13b 13a 7b 7c 7a 3a 3a 1a
    3P 1a 13a 13b 7c 7a 7b 2a 1a 2a
    5P 1a 13b 13a 7b 7c 7a 6a 3a 2a
    7P 1a 13b 13a 1a 1a 1a 6a 3a 2a
   11P 1a 13b 13a 7c 7a 7b 6a 3a 2a
   13P 1a  1a  1a 7a 7b 7c 6a 3a 2a

X.1     1   1   1  1  1  1  1  1  1
X.2     7   A  *A  .  .  . -1  1 -1
X.3     7  *A   A  .  .  . -1  1 -1
X.4    12  -1  -1  B  D  C  .  .  .
X.5    12  -1  -1  C  B  D  .  .  .
X.6    12  -1  -1  D  C  B  .  .  .
X.7    13   .   . -1 -1 -1  1  1  1
X.8    14   1   1  .  .  . -1 -1  2
X.9    14   1   1  .  .  .  1 -1 -2

A = -E(13)-E(13)^3-E(13)^4-E(13)^9-E(13)^10-E(13)^12
  = (1-Sqrt(13))/2 = -b13
B = -E(7)^3-E(7)^4
C = -E(7)^2-E(7)^5
D = -E(7)-E(7)^6


PSL(2,17)
[ 1, 144, 144, 272, 272, 272, 272, 306, 306, 306, 153 ]
[ 1, 17, 17, 3, 9, 9, 9, 8, 4, 8, 2 ]

        1a 17a 17b 3a 9a 9b 9c 8a 4a 8b 2a
     2P 1a 17a 17b 3a 9b 9c 9a 4a 2a 4a 1a
     3P 1a 17b 17a 1a 3a 3a 3a 8b 4a 8a 2a
     5P 1a 17b 17a 3a 9c 9a 9b 8b 4a 8a 2a
     7P 1a 17b 17a 3a 9b 9c 9a 8a 4a 8b 2a
    11P 1a 17b 17a 3a 9b 9c 9a 8b 4a 8a 2a
    13P 1a 17a 17b 3a 9c 9a 9b 8b 4a 8a 2a
    17P 1a  1a  1a 3a 9a 9b 9c 8a 4a 8b 2a

X.1      1   1   1  1  1  1  1  1  1  1  1
X.2      9   A  *A  .  .  .  . -1  1 -1  1
X.3      9  *A   A  .  .  .  . -1  1 -1  1
X.4     16  -1  -1 -2  1  1  1  .  .  .  .
X.5     16  -1  -1  1  B  C  D  .  .  .  .
X.6     16  -1  -1  1  C  D  B  .  .  .  .
X.7     16  -1  -1  1  D  B  C  .  .  .  .
X.8     17   .   . -1 -1 -1 -1  1  1  1  1
X.9     18   1   1  .  .  .  .  . -2  .  2
X.10    18   1   1  .  .  .  .  E  . -E -2
X.11    18   1   1  .  .  .  . -E  .  E -2

A = -E(17)-E(17)^2-E(17)^4-E(17)^8-E(17)^9-E(17)^13-E(17)^15-E(17)^16
  = (1-Sqrt(17))/2 = -b17
B = -E(9)^2-E(9)^7
C = -E(9)^4-E(9)^5
D = E(9)^2+E(9)^4+E(9)^5+E(9)^7
E = -E(8)+E(8)^3
  = -Sqrt(2) = -r2

ケーキ・眼鏡・レレ・TB前日

 海抜マイナス30キロメートル。試合終了のサイレンが岩壁に反響する。遥か上方で地上に開く穴からはもはや蛍ほどの光も届かない。
 負けたチームの削岩機のエンジンがかけられた。今の選手たちが生まれるよりずっと前の時代にはグラウンドの土を手でかき集めていたらしい。しかし今やグラウンドはむき出しの花こう岩。半ば儀式化された執念に近い伝統によって今や選手たちはそれを削って持ち帰るようになっていた。
 常時稼働している冷却設備が地熱から観客や選手の命を守る。奇妙なことに、地上で試合が行われていたころより快適な環境が保たれるようになったことが記録から知られるが、当時を知る者はいない。
 石粒を集め終えた敗者たちと応援者が昇降機に乗り込んでいく。球場は竪坑を下り続け、帰路は年々少しずつ長くなっていく。
 阪神甲子園球場。十干十二支のひとつ「甲子」の完成以来、球場は姿を変えながら何度の甲子を経てきたのだろう。



 8月18日土曜日、晴れ。
 
 ケーキを3個食べる。

 ガルパはログボ貰いの民として生きているが、GO!GO!MANIACが追加されていて懐かしさに耐えられず一曲叩いた。ちょうど一年ほど前にも一時期遊んでいた。サービス開始直後にしっかり始めていたら普通に熱中していたと思うので何かもったいないような気分をずっと抱えてはいる。



 8月19日日曜日、晴れ。やや涼しい。

 ミケから1週間が経った。早い。

 眼鏡を作りに行く。買いに行く。
 今は予備のものをかけている。たしかパシフィックリム・アップライジングを見る前夜あたり、うたた寝をしていたら前の眼鏡のねじを部屋の中でなくしてしまったのだった。何分小さいのでいくら探しても見つからなかった。「いくら探しても」というのは嘘でベッド横の本と漫画の山やベッド下の段ボール箱の間をかき分ける気にはならなかった。「前の眼鏡」と言ったが店の人に聞くとねじは新たに止めてくれるらしい。それはそうか。

 本屋で『バーナード嬢曰く。』第4巻と『眠れない一族』を買う。後者は火曜日の高速バス車内に備えて。10年ほど前の本、とりわけ遺伝学に関わる内容のものをハードカバーで買うのはやや緊張感がある。
 「ド嬢」は連載外の特別寄稿が多いのか今巻の構成はやや変わっていた。『渚にて』の回で冬の海辺の砂浜を歩きながら海に関する書名を交互にあげていく図が強すぎる。

 デレステでレイジーレイジー新曲「クレイジークレイジー」イベント開始。しきフレと櫻井桃華……jewelries03……。
 
 TheaterBoost「超ビーチバレー」の予告のミリシタ生配信。


 さすがに企画の始まりから長いからか盛り上げ方が今までと違って楽しい。投票時にはこの人選の意義があまりよく分かっていなかったなと今にして思う。うみめぐレシーブ……こんな直球カップリン人選があって良いのか……(良い)。
 何とは言わないけれどニコ生のおまけ、あまりにも百合コミックコメディ的なやりとりで上田麗奈さんのことが気の毒になりながらも普通に喜んでしまった。

旅行・つむ・彫刻

 8月15日から17日、東京-金沢-岐阜-名古屋の行程で旅行。東京駅発の「かがやき」、前の席の男の子が歌いながらシンカリオンの玩具をガシガシ変形させていて最高であった。

 金沢即ち白石紬という程度に金沢の観光地のことがよくわかっていなかったため、唯一目的らしい目的として例の場所を写真に収めることに躍起になるなど。

兼六園
f:id:shironetsu:20180818232142p:plain
f:id:shironetsu:20180818232347j:plain

ひがし茶屋街
f:id:shironetsu:20180818232237p:plain
f:id:shironetsu:20180818232307j:plain

 ひがし茶屋街は甘味処が多く白石紬ルーツが分かった気もする。ただ加賀友禅を扱う店はこの通りにはあまり見られず。中のほうだろうか。

 兼六園に行く直前のことになるが金沢21世紀美術館で思いがけず良いものを見られた。
f:id:shironetsu:20180819000914j:plain
f:id:shironetsu:20180819000931j:plain
七搦綾乃 | 金沢21世紀美術館 | 美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ
 七搦綾乃という彫刻家の作品。シルエットは人間らしいものの、布から露出している部分の特徴からどうやら人間ではないことが察せられる何かがじっとしている不気味さ。「立っている」ほうは腰を曲げて杖を突いているふうだが2足歩行+尾や象鼻状の器官を持つ生物にも見える。「寝ている」ほうは仰向けのミイラを思わせるがひじを立てて水平方向を向いているようにも見えて「顔」の位置が安定しない。両方ほぼ左右対称なのでどこかに「顔」を見出そうとしてしまう脳のバグを突いているような気もする。
 この2点のみの彫刻のほかに壁には数点の額縁に入ったスケッチがかかっていて、ねじれた木塊から何か生物的な要素を見出す試みかななどと想像。
 白い壁に囲まれたコンクリート床に2体が置かれている空間(建物入口に近い側に小窓が開いていてまずガラス越しに中を見られた)があまりに良すぎて興奮した。

 旅行記をちゃんと書く心構えが欠けているのでこんくらいにしとこう。

 PSLの話。p=5,7,11のPSL(2,p)に例外的にp次対称群への埋め込みが存在することと指数pの真部分群の存在。
 GAPに部分群の位数を共役による重複を除いて尋ねる(妙に迂遠なやり方だが…)

gap> List(ConjugacyClassesSubgroups(PSL(2,5)),x->Order(Representative(x)));

p=5 : [ 1, 2, 3, 4, 5, 6, 10, 12, 60 ]
p=7 : [ 1, 2, 3, 4, 4, 4, 6, 7, 8, 12, 12, 21, 24, 24, 168 ]
p=11 : [ 1, 2, 3, 4, 5, 6, 6, 6, 10, 11, 12, 12, 55, 60, 60, 660 ]
p=13 : [ 1, 2, 3, 4, 6, 6, 6, 7, 12, 12, 13, 14, 26, 39, 78, 1092 ]
p=17 : [ 1, 2, 3, 4, 4, 4, 6, 8, 8, 8, 9, 12, 12, 16, 17, 18, 24, 24, 34, 68, 136, 2448 ]

 何の証明にもならないが指数pの部分群が13以上ではなさそうだと分かる。ちなみにp=19でエラーを吐く。8でもダメ。どうもSmallGroupsライブラリの問題らしいがp=97なんかでも答えは出してくれるので何が起こっているのかよくわからない。
 ただ位数p(p-1)/2;指数(p+1)の部分群は一般に存在しそうで、となると誘導表現から(p+1)次元表現が分かってきそう。
 ……というのを考えたいが誘導表現/部分群への制限がいつ既約になるか、既約表現は誘導表現からどう得られるか、といったことが全くわかっていない。むしろこの題材を機にそのへんの一例を知ることになるか。

疲労・何故・PSL

 8月13日月曜日、ときどき雨。

 疲れた日の翌日に午前は存在しない。

 とはいえラボに出ないのもどうかと思ったのでやはり午後から出る。盆は存在しないが一部の人は普通に旅行に行っているし研究棟も電気がついていない部屋がいくつか見えるし全体的に空気が気怠い。しばらく離れるための用意だけして帰る。

 百瀬莉緒さんメインコミュ更新。WHY?すき。この耳をくすぐるような声よ。

~~~~~~~~~

 8月14日火曜日、曇り。

 PSL(2,p)のブログ記事を書き終える。簡単な話なのにまとめるのにえらく時間がかかってしまった。
 共役類のサイズの重複と既約表現の次元の重複がどうやら一致するらしいことが気になっていて、対称群に対するヤング図形みたいなもので繋がるのだろうかと想像。まあGAPが指標表をすらすら吐いてくる以上何かしらよく整った理論はあるはず。

 ところで対称群は高次になるほど各既約表現は個性を失う、と安直に考えていたが、「意味づけできない」表現なんてものがあると考えるべき理由も特にない。しかし「意味」というのもかなり自然言語的な認識の領域に及んでいて、鑑賞能力の強化によっては無限の遊び道具になりうるのかと非常に曖昧なことを考える。

夏マーケット

 これを書いている時点ですでにコミケの翌々日になっている。

 8月11日土曜日、ときどき雨。

 動けないなぁと言いながら午後まで外出を渋る。

 水筒を忘れる。のどが渇いて今度は「クリアラテ 抹茶」を買う。透明な抹茶ラテ。好きな味ではあるが薄い。
 本屋を回っているとき雨が降り始める。にわか雨。傘を忘れたのでしばらく雨宿るとやんでいった。

 翌日のコミケのためにホームセンターで安い帽子を買う。どれもいまいち大きさが合わない。

 サンリズム・オーケストラ♪イベント最終日。最初の数回しかフルコンが取れなかった。かなり苦手な譜面。
 2万位に入れればよいほうかと思っていたが、貯めていた分で6000位台に駆け込めた。

~~~~~~~~~

 8月12日日曜日、小雨。
 
 今年は芳文社からの出典がないことを知った。いつもの企画本だけは買おうと思っていたのに。
 サークルのメモなどを取っていたら結局眠れなかった気がする。よくない参加者だ。2リットルのアクエリアスボトルを背負って出発。
 7時ごろに到着。ゆりかもめユーザーはもしかして有明駅で降りるべきなのかと疑いながら国際展示場駅から歩いた。カタログを買って読むつもりでいたが2000円という価格を見てやめてしまった。
 座った時点で太陽は雲の裏側。快適ではないがそれほど暑くもない。
 2年前に『ストーカー』『遠き神々の炎』を読みながらりんかい線側の広場で待っていたときのことを思い出す。あのときはなぜあちら側で待っていたんだっけ。目的はデレの本だったはず。
 今年は『文字禍』を読みながら待った。半分ほど進んだがやはり疲れる。クラインの論文も見た。
 ぱらぱらとした雨がやんだあと日が照ってきて帽子が役に立った。しかし日が当たると体力が持っていかれるのを感じる。
 この日は風がないせいかにおいもあまりよくなかった。もっと簡易トイレ側に近い人達は大変だったと想像する。
 10時半ごろまで一切動きがなく3時間半。ようやく動き出す。列が動いたり止まったりを繰り返して疎密波を感じる。あれはわざと形成させたものなのだろうか。こんなことで気が狂いそうになる程度には心に余裕がなくなっていた。

 目的のホールは東の4。アイドルマスター。メとかモとか。2か月ほど前のISFで気に入ったサークルの本などから買い集めた。

 だいたい目的としていたところの御本は買えた。帰ろうと決めたのは13時半ごろ。未練を断ち切って国際展示場駅へ。

 疲れた。寝て終わり。

ローバイ・コン球・大麦

 8月10日金曜日、晴れ。

 高坂海美さん、渋谷凛さん、五十嵐響子さんお誕生日おめでとう……。

 f:id:shironetsu:20180812011832p:plain

 ロードバイクをプレゼントするP、裕福な親戚か何か??ってなった。

 コミッケの一日目が始まっているころだなぁと思いながらなかなか起きられない。

 正午過ぎに図書館へ行く。コンウェイの球充填のお本を借りることに成功。数学科の図書館から取り寄せたが、数学を専門にしている人々のことはある種のトランスヒューマンだと思っていて少なからず畏敬の念があるためひどく無分別なことをしている気になる。

 立ち寄ったコンビニで噂の大麦コーヒーを買う。のどを潤す目的でこれを買うというのがすでにおかしい気もするが、それにしても想像以上に非コーヒー的に思われた。何かが足りないことだけが分かる。しかし家に帰ってから砂糖とミルクを加えて飲むとなかなかおいしかった。

 その後ラボへ行く。雑務とお盆休みの準備だけして帰った。

 今度は鯖缶でうどんを食べた。やはり鯖缶を食べるのが一番賢い。
 

一過・手紙

 8月9日木曜日、雨のち晴れ。

 一夜明ける。台風は結局それたらしい。

 進捗報告ミーチングで無を晒す。

 Labでは牛乳を使わずにアイスコーヒーをそのまま飲んでいるが、「原液」を飲んでいる感が強い。かといって水で薄めるのにも抵抗があり、カフェをオレするしかない。

 ガロアの「シュヴァリエへの手紙」全文を図書館で見た。「読んだ」とは言わない。何せ後半の関心の焦点が今の自分にはわからない。しかし奇素数pに対してPSL(2,p)がp次の対称群への非自明な埋め込みを持つのはp=5,7,11に限られる、という命題に関連した問題への関心は分かる。というかそれが目的で読んだ。分かったうえで読むと「時間がない」が一層胸を打つ。
 あまり歴史にこだわるのも仕方のないことだと思っていたけれど「シュヴァリエへの手紙」はエモが強烈すぎる……。自分が関心を持つ問題の正当性よりむしろ重要性を伝えてくれと頼んでいるのもまた良い。ミームは少なからず自分にも流れてきた。

 久々にサバ缶パスタを食べた。最近は面倒で乾麺を食べる機会が減っている。

 早々と寝た。